かげおくり

かげおくり

itsme(いつみ) が制作に関わった作品を中心に、いろいろ。

蠍空のアニマ - Lyrics (Original and Romaji)

f:id:itsmeee:20180621224955g:plain

zephyさんとのコラボ作・蠍空のアニマ

【初音ミク】蠍空のアニマ【オリジナル】 - ニコニコ動画

【初音ミク】蠍空のアニマ【オリジナル】 - YouTube


詞とフリガナ代わりのローマ字です。

タイトルは「さそらのあにま」と読んでみてくださいな。

前部の赤っぽい字がわたし、それ以外のすべてはzephyさんによって書かれたものです。


ーーー
Original
ーーー
あの時応援してたら
ふたりどーなってた思う?
おそろいマグ割ればらばら
床投げつけたからだっけ
いっちゃん最初思ったの
あーー掃除大変だな
で、かっこわらい
どーも
地面に足ひっつけてんと
生きてけん化石です
冴えなかったあいつ
ポスターん中それらしくポーズ
某動画投稿サイトじゃ
目が回るくらいサブスクライブ
気まぎらわしテレビ
つけてもCMにまで居やがる
夢追いたい会社辞めるー
言われた時
うんついてくーはーとまーく
とか言えたんかな自分
無理だなー
殺したいくらい
燃えるよな恋してた
後悔 冷たい
別の個体じゃ嫌だ
ひとつじゃなきゃやだ
そんくらいくらりくら
空に蠍と遅い毒
じわりじわりじわる じわりじわりじわる
じ*りじ*りじ*る じ*りじ*りじ*る
*わ**わ**わ* *わ**わ**わ*
地元でのライブも夢の一つ
やっとここまで辿り着いた
ださすぎたあの日
歌い続け掻き鳴らしたギター
飛び出して二年どん底
打ちのめされた
揺るぐ事なく側にいてくれる
支えてくれたパートナーのおまえ
ここからの眺めを一度見せてやりたかった
今日やっと叶える事が出来たんだ
南の天に輝く紅に煌めく赤星(あかほし)
うんとはいってくれなかったあいつ
だからこそいつかその心に刻んでやる
二年間その気持ちが原動力だった
だけどももうどうでもいい
隣でいつも俺といてくれる
それだけが全てでこれからも前を向けるから
壊して染め上げたい
蕩けるような恋だった
じっくり 蝕む
この個体じゃなきゃ駄目だ
思ってたのがまるでうそ
中和された後に効いてきた
壊して染め上げたい
焼けるような恋してる
ゆっくり 滲み込む
この個体じゃなきゃ駄目だ
繋がったままでいよう
完全にメロメロになっている
夜に毒針遅効性
空に蠍と遅い毒
じわりじわりじわる じわりじわりじわる
じ*りじ*りじ*る じ*りじ*りじ*る
**り**り**る **り**り**る

ーーー
Sasora no Anima
The red (pink?) parts are written by me.
Everything else is written by zephy.
ーーー
ano toki oh-en shitetara
futari dohnatteta omou?
osoroi magu ware barabara
yuka nagetsuketa kara dakke
icchan saisho omottano
aaah sohji taihen dana
de, kakko warai
dohmo
jimen ni ashi hittsuketento
ikiteken kaseki desu
saenakatta aitsu
posutah-n-naka sorerashiku pohzu
boh dohga toukoh saito ja
me ga mawaru kurai sabusukuraibu
kimagirawashi terebi
tsuketemo shiiemu ni made iyagaru
yume oitai kaisha yameruu
iwareta toki
un tsuiteku hahto mahku
toka ietankana jibun
muri danah
koroshitai kurai
moeruyona koi shiteta
kohkai tsumetai
betsu no kotai ja iya da
hitotsu janakya ya da
sonkurai kurari kura
sora ni sasori to osoi doku
jiwari jiwari jiwaru jiwari jiwari jiwaru
ji*ri ji*ri ji*ru ji*ri ji*ri ji*ru
*wa* *wa* *wa* *wa* *wa* *wa*
jimoto deno raibu mo yume no hitotsu
yatto koko made tadoritsuita
dasasugita ano hi
utaitsuzuke kakinarashita gitah
tobidashite ninenme donzoko
uchinomesareta
yurugu koto naku soba ni ite kureru
sasaete kureta pahtonah no omae
kokokara no nagame wo ichido misete yaritakatta
kyoh yatto kanaeru koto ga dekitanda
minami no ten ni kagayaku kurenai ni kirameku akahoshi
un towa itte kurenakatta aitsu
dakarakoso itsuka sono kokoro ni kizandeyaru
ninenkan sono kimochi ga gendohryoku datta
dakedomo moh dohdemoii
tonari de itsumo ore to itekureru
soredake ga subete de korekara mo mae wo mukeru kara
kowashite someagetai
torokeru yohna koi datta
jikkuri mushibamu
kono kotai janakya dame da
omotteta noga marude uso
chuwa sareta ato ni kiite kita
kowashite someagetai
yakeru yohna koi shiteru
yukkuri shimikomu
kono kotai janakya dame da
tsunagatta mama de iyoh
kanzen ni meromero ni natteiru
yoru ni dokubari chikohsei
sora ni sasori to osoi doku
jiwari jiwari jiwaru jiwari jiwari jiwaru
ji*ri ji*ri ji*ru ji*ri ji*ri ji*ru
**ri **ri **ru **ri **ri **ru
ーーー