かげおくり

かげおくり

itsme(いつみ) が制作に関わった作品を中心に、いろいろ。

せきららきるら

 

 

乙女のロイト - an innocent Royt - でコラボさせてもらったマシーさんとのコラボ二作目。

日本語(オリジナル)だけでなく、英語、スペイン語と多国語展開になりました!

英語版は私が詞・動画 + 添削 StaindKleaver484 さん、

スペイン語版は企画が The Miracle Diva Project さん、訳・動画編集が Dark_Kudoh さん

です。

Alternative name として、
英題: Pure and honest feelings

西題: Sentimientos puros y honestos

の冠をいただきました。

大変ありがたいことです!


にこにこ: 【オリジナル】せきららきるら【重音テト】 ニコニコ動画

YT Official English: [Teto Kasane]せきららきるら[Original] Eng Subbed by masii with itsme - YouTube

YT Official Spanish: 【Kasane Teto】Pure and honest feelings【Original Song】 - YouTube

(Masii x itsme - Kasane Teto) Sekirara Kirra (Subtitulado en Español - Oficial) - YouTube



歌詞

まずは歌詞、とルビ代わりのRomaji lyrics、英訳

---

Original

---

親友にも恋人ができたと聞いて
嬉しいのは嘘じゃないけれど
内側ではちょっぴり少し死んでいるよ

誰もいない教室へぽつりとこぼす
僕にはまだ早い
そうでしょうそうでなくちゃ
これからどんな顔をしたら

いつの間にみんなは遠くなって
気づいたらおいてけぼり気分
それなりにみんなは知ってるって
分かってもそれだけなんで

「恋人」っていうステータスがただ
欲しいわけじゃない
なのにどうして

焦っちゃうんだ生き急ぐんだ
かじかんだ指を伸ばすんだ

誰かの声冷えた身体に
寄り添ってはくれないかって望み

近くにいるはずなのに
自然と壁を作ってしまいます
何でだろ
この気持ちに自信がないのかもしれない

さみしくて乗せられ呑まれちゃって
流されて見失うのは 嫌
僕なりのペースがあるんだって
言い聞かせ鼓動をおとす

「恋人」っていうアクセサリーが
欲しいわけじゃない
だから黙って

大事にするよ壊さないよに
あたためておこう
まだ今は

きっといつか
きっといつかは
悩んでも
どこか誰かの となり

 

---

Romaji lyrics

---

shin-yu nimo koibito ga dekita to kiite
ureshii nowa uso janai keredo
uchigawa dewa choppiri sukoshi shindeiruyo

dare mo inai kyoshitsu e potsuri to kobosu
boku niwa mada hayai
sohdesyo sohdenakucha
korekara don-na kao wo shitara

itsunoma ni min-na wa tohku natte
kizuitara oitekebori kibun
sorenari ni min-na wa shitterutte
wakattemo soredake nande

"koibito" tte yu sutehtasu ga tada
hoshii wakeja nai
nanoni dohshite

asecchaunda ikiisogunda
kajikanda yubi wo nobasunda

dareka no koe hieta karada ni
yorisotte wa kurenaikatte nozomi

chikaku ni iru hazu nanoni
shizen to kabe wo tsukutte shimaimasu
nandedaro
kono kimochi ni jishin ga nai no kamo shirenai

samishikute noserare nomarechatte
nagasarete miushinau nowa iya
boku nari no pehsu ga arundatte
iikikase kodoh wo otosu

"koibito" tte yu akusesari ga
hoshii wakeja nai
dakara damatte

daiji ni suru yo kowasanai yo ni
atatamete okoh
mada ima wa

kitto itsuka
kitto itsuka wa
nayandemo
dokoka dareka no tonari

---

English Lyrics

---

Not just others,
Finally,
My best friend's love has also reached to the right person

I'm happy for her
I swear that it's true
But I died inside just a bit
When I first heard of it

I dropped words in the classroom with no one else but me
That my time is yet to come
Isn't that right?
Yes, it must be so

Otherwise, I don't know what I should do or feel

Everyone got mentally mature before I knew it
When I got it, I felt just like I was left behind
Each of them knows what love is in their own way
I noticed, but nothing's going to chage
That's it

I want the status of being "someone's"
But I don't mean anyone is ok

Then,
Why is it that I'm so upset?
As if I'll die 5 minutes later if I stay alone
Why am I reaching my numb fingers out for someone's hads
As if I want them to grasp and warm them

You are close yet so far
Now I have internal barriers that make the difference more challenging
I'm wondering why I appear as your best friend
Do I really seem so to you?

I absolutely hate to get caught up in the moment because of loneliness
And lose sight of something truly precious
So, I tell myself that I'm not easily influenced by others,
And hope it makes my pulse slow down

I don't need an accessory to be named "my beloved"
Why won't my heart be quiet?
Though I want to be silent, not a siren

I'll love and treat my innermost thoughts as a treasure
Not break them for others
I'll mull them over till my time comes

I'm sure that the day will come
I am sure that the day will come
When everything will make perfect sense,
Someone will teach me what love is

---

 

以下お決まりの蛇足だよ。

 

 

背景

一作目のロイトちゃんについて知らない方は、その時のブログを読んでみると

なんとなく気持ちとかが分かるかもしれません。

すっごい長いんですけど……

itsmeee.hatenablog.com

上記のブログにも書いてるんですが、

この曲はどっちの曲なんだーみたいな意見はずっと平行線でして、

私はマシーさんの曲だよと言って、マシーさんは私(いつみ)の曲だよと言う、みたいな。

そんな時に「私が提案して書いてもらった曲だったら、私の曲って言える気がする」

みたいなこと言って、

流れで図々しくも色々お願いして書き下ろしてもらったのが

この「せきららきるら」です。愛称は「きらちゃん」です。

(でも結局、きらちゃんもマシーさんの曲な感じがして、ここも平行線だったというのは また別のお話)

 

あ、いつみの文章長いので、読む気がしない方はマシーさんのブログをどうぞー!
読む気がもしあった方も、違った視点のお話が読めるので、やっぱり読んでどうぞ。笑

masii0masii.hatenablog.com

 

私が偉そうにつけた注文は、なんとも失礼なことに ちゃんと覚えてはいないんですけど、

・138bpm

・A3 - E5

・なんか歌ってるっぽいベース

・明るい曲

みたいな感じでした。たぶん。

 

この歌うベースのイメージが全然伝わらなくて、というか、

お願いした自分ですら未だによく分かってないので

マシーさんは余計混乱したと思うんですけど、

たまたまその時近辺に聴いていた Incubus の Megalomaniac がそうなのかなー

とかみたいな感じでお伝えして、こうなりました、たぶん。

いや ちょっと待って、Muse の Panic Station だったような気もしてきた。

このあたり、恐らくはマシーさんのブログで読めることでしょう。

分かんないですけど。

 

ちなみに曲ができた後、あ、これ歌ってるっぽい! と

これまたその時たまたま聞いていた 東京事変 の ダイナマイト を

これもベース歌ってるみたいーとか言って送りつけて

いや全然違うじゃんと言われたりして、

結局私の中で何が基準になっているのかは謎のままです……

 

話をきらちゃんに戻そう。

私はボカロとかUTAUのロボロボした声が好きなんですよ、

字幕なしじゃ何言ってるか分かんないよーみたいな感じのとか。

しかし、きらちゃんデモを聴かせてもらった時、

あ、これロボロボじゃダメだ……調声がんばらないといけないやつだ……

っとなって、今の私が出来る限りでがんばらせていただきました;;

 

仮歌に「教室」が入ってて、寒そうで、そこら辺から一気にがーっと詞が書けて

無事マシーさんからもOKいただいて、動画とか作ったりしました。

スッピンな感じにしたかったので、絵や字のゴミ取りは余程ヒドイところ以外していません。

なので少しザラザラしています。

あと、白い。余白が、やばい。

これもスッピンイメージ、あと冬な感じを意識してみました。

 

きらーん! という感じもだいぶ意識しました。

要所要所キラッという感じの音が入っていたので、きらーん、とさせたくって。

あ、題名の「せきららきるら」も、そのキラーンという語感に端を発します。

動画のキャプションにも書いていますが、

きるら(Kirra)は、白い花をつけるセイロンライティアの外語名。

夏の花なのに、Snowflake、Winter Cherry Tree等とも呼ばれるそうで
まるで冬のようだな、いい感じだな、というフィーリングでつけさせてもらいました。

 

こんな感じかな、また長くなりましたが、おしまいにします。